ムダ毛処理体験談

わき毛は3日に1回のペースで毛抜きで処理

わきはとてもデリケートな部分なので毛抜きで処理するようにしています。

カミソリだと肌を傷つけてしまいそうなので...。

毛抜きで抜いた後はすこしポツポツと赤くなってしまったり

力を入れ過ぎると血が出てしまったりすることがありますが

時間がたてばおさまりすごくキレイです。

最初は抜くのが痛いですが、毛が生えている向きに沿ってぬくとつるんときれいに抜けます。

少しコツがいりますがこれは慣れだと思います。慣れれば痛みは少なくなります。

でも、あまり無理に毛を抜こうとして皮膚をえぐってしまったりするとまた毛が生えてきたときに皮膚が邪魔をして毛が陥没してしまうことがあるので気をつけるようにしています!

また、利き手の方の脇は利き手じゃない方で、毛抜きを扱わないといけないので処理がしづらく大変です。


毛は抜いても抜いてもすぐに生えてきてしまうものなので、根元から処理してもすぐに生えてきてしまいますよね。

ですから少なくとも3日に1回は時間をかけて丁寧に処理しています

時間はお風呂に入っている間かお風呂を出た後にしています。

お風呂を出た後だと処理しやすいです。


私は露出の多い夏でも、露出の少ない冬でも決してわき毛処理は怠りません!


やっぱり脱毛サロンで脱毛すればよかった(>_<)

私は昔からそんなに毛深いほうではなく、毛の色も元から茶色っぽく目立たないので、夏場でも手や足を頻繁にお手入れはしなくて済んでいます。

手や足はかみそりで剃って、無駄毛処理をするのですが冬場では2~3ヶ月に一回、夏場では1~2ヶ月に一回で大体済んでます。

除毛剤も試してみたことがあるのですが、その後肌が全体的にヒリヒリして湿疹のようなものができてしまったのでやめました。

無駄毛の処理方法も生える周期などによって人ぞれぞれ個人差があるようで、周りの知り合いでは毎日無駄毛処理をしなくては目だって気になるという人もいて、びっくりした記憶があります。
その方はエステで永久脱毛してもらうことにしたようです。

顔の産毛も頻繁ではありませんが、定期的に顔用のかみそりで処理するようにしています。
産毛を処理することで、化粧ののりが断然良くなります。

わきの下の毛は剃らずに、基本毛抜きで抜いて処理しています。エステで脱毛をしてもらおうとも考えたのですが、もともとそんなに濃いほうではなく、エステには何回も通わなくてはいけないと脱毛した友達から聞き面倒だと思いやめました。

しかし毛抜きで毛を抜いていると、肌が黒ずんで、毛穴のポツポツが目立つようになってしまったので、やはりワキはエステで脱毛したほうが良かったかなーと今はちょっと後悔しています。


夏の脱毛は毎日の日課でストレスでした

毛深い私にとって「夏」は最悪の季節

特に目立つ腕と脇の毛の脱毛は毎日かかさずというのが日課でした。

夜お風呂で剃って、翌日の夕方にはもうチクチクとしているような感覚だったので、ため息の連続の毎日でした。

足はまだズボンなどを履けば隠せますが、腕はどうしても出てしまうので夏のシーズン中はどうしよもなかったですね。

おまけに私の母は夏が好きらしく、ノースリーブなどの涼しげな夏らしい服装を勧めてくることもあって、ひたすらに反抗していました。


腕と脇の脱毛は主にカミソリを使っていて、これが一番手軽で早いと思っていたのですが、難点もありました。

ひじ下は剃りやすいのですが、ひじ上はどうもうまく剃れず肌を痛めたり、剃り残しがあったり、脇もうまく剃れない部分があってイライラ...

カミソリの刃は交換式だったのですが、交換するタイミングも難しかったです。

刃を替えると当然のことながら剃れるようになるので、流血することもしばしば。

ここぞという時に気合いを入れて刃を替えては失敗して...という連続でした。


そうやって夏を乗り越えてはきましたが、めんどくさがりな性格もあって、脱毛を自分で続けていくのは難しいと思い、思い切って脱毛サロンに通いました。

毎日の手入れから解放されたのは本当に大きなことで、夏のお風呂タイムもゆっくり楽しむことができますし、洋服も自由に選べるようになりました。

あの頃の自分にこの快感を味あわせてあげたかったなぁと、今では夏でもあの頃の苦労が嘘のように楽々な日々を過ごせています。


永久脱毛にチャレンジしました。(40代後半・女性)

私は、それほど毛深い体質ではないのですが、やはりムダ毛は気になるもの。 若い頃は毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりしてむだ毛処理をしていました。

でも、毛抜きで抜くと毛穴がポツポツ目立つようになるからやめたほうがいいとか、 カミソリは肌を痛めるのでやめたほうがいいなどと言われていたので、 ある時期から、除毛クリームを使うようになりました。

ムダ毛をふにゃふにゃに柔らかくして専用のヘラでクリームごと取り去るというものです。 これを使うと毛先が丸まるので、剃ったあとの手触りがよく、なかなか良いなとおもったのですが、 香りがちょっと気になりました。 あと、少しでも肌に傷があると、しみて痛いところもマイナスでした。

できれば永久脱毛したいと思ってはいたのですが、けっこうお金もかかるしと半ば諦めていたところに、脱毛サロンのキャンペーンで10000円で永久脱毛できるというものを発見。

本当にこの値段で永久脱毛できるのか? 効果は続くのか? などの不安はありましたが、やってみないことにはわからない。と思い切ってチャレンジすることに。

両脇をお願いしたのですが、 まずは脱毛する部位に専用のクリームを塗ります。 光を当てるのでと、サングラスをかけられました。 そして、レジのバーコードリーダーのような機械で、パシッ!パシッと小刻みに照射していくだけです。
一瞬熱いような刺激がありますが、あとに残るものでもなく、特に苦痛は感じません。 両脇で10分もかからないくらいで1回目は終了。

ムダ毛は、数日の間に徐々に抜けて行き、そこからは生えてこないという説明でした。 今回処理しなかった毛穴から生えてくるムダ毛の処理に、あと3~4回通えばそれでおしまいとの説明だったので、 数ヶ月の間を置いて3回ほど通いました。

それ以来、ムダ毛処理の手間と悩みから解放されて、今はノースリーブも気にせず着られるようになりました。快適です!


ジェルタイプのワックス脱毛のメリットは

脱毛サロンとかに行ったほうが楽だとは思いますが、お財布との相談次第

最近、ブラジリアンワックスといって、Vライン、Iラインなどのゾーンのワックス脱毛が注目されていますね。

ワックス脱毛は何もデリケートゾーンだけに限られたことではなく、脇や腕、脚にも使えます。

あまり流行ってはいませんが、大きいドラッグストアで、ワックス脱毛のセットが売っていたりしますよ。

私も以前はジェルタイプのものを愛用していました。

使い方は、ジェル状のワックスを肌にのせ、付属のナイフで薄くのばします。

次に、ワックスの上に専用の紙をのせ、しっかりとくっつけます。そして、毛の流れに逆らって、一気にはがすだけです。

メリットは、とにかく簡単で、お金もあまりかからないことです。

そして、綺麗に抜ければ仕上がりは非常にきれいで、次の毛が生えてくるまではすべすべの状態を保てます。

肌が痛むような気がしていましたが、余分な角質がとれるからか、むしろすべすべするように思いました。

デメリットは、慣れるまでとにかく痛いし、うまく抜けるようになるのに少しコツが必要だということです。

私は、腕などはチクチクっといった痛みですみましたが、脇は思わず叫んでしまいそうになるほど痛かったです。

また、細かい調整が難しいので、数本抜け残ってしまった場合は、やはりカミソリや毛抜きで処理しないといけないです。

やっぱり脱毛サロンとかに行ったほうが楽だとは思いますが、お財布との相談次第ですね・・・。

26歳女性