ジェルタイプのワックス脱毛のメリットは

脱毛サロンとかに行ったほうが楽だとは思いますが、お財布との相談次第

最近、ブラジリアンワックスといって、Vライン、Iラインなどのゾーンのワックス脱毛が注目されていますね。

ワックス脱毛は何もデリケートゾーンだけに限られたことではなく、脇や腕、脚にも使えます。

あまり流行ってはいませんが、大きいドラッグストアで、ワックス脱毛のセットが売っていたりしますよ。

私も以前はジェルタイプのものを愛用していました。

使い方は、ジェル状のワックスを肌にのせ、付属のナイフで薄くのばします。

次に、ワックスの上に専用の紙をのせ、しっかりとくっつけます。そして、毛の流れに逆らって、一気にはがすだけです。

メリットは、とにかく簡単で、お金もあまりかからないことです。

そして、綺麗に抜ければ仕上がりは非常にきれいで、次の毛が生えてくるまではすべすべの状態を保てます。

肌が痛むような気がしていましたが、余分な角質がとれるからか、むしろすべすべするように思いました。

デメリットは、慣れるまでとにかく痛いし、うまく抜けるようになるのに少しコツが必要だということです。

私は、腕などはチクチクっといった痛みですみましたが、脇は思わず叫んでしまいそうになるほど痛かったです。

また、細かい調整が難しいので、数本抜け残ってしまった場合は、やはりカミソリや毛抜きで処理しないといけないです。

やっぱり脱毛サロンとかに行ったほうが楽だとは思いますが、お財布との相談次第ですね・・・。

26歳女性